Gclickは、ゲイのためのゲイ情報(ゲイバー ゲイマッサージ ハッテン場 ゲイショップ)が検索できるゲイイエローページです。
Gclick - 渋谷取材レポート -

薔薇コ


今回は若者の街、シブヤを薔薇コがレポートします。
とはいっても、最近のシブヤは、ビットバレーといわれるベンチャー企業の集積地だったり、セルリアンタワーやマークシティの開発でオフィスも増えていて、より幅の広い若者だけでない街になってきているんだと思います。
僕ら、ゲイにとっては、新宿や上野や新橋の方が馴染みが深いかもしれませんが、山手線、東横線、井の頭線などのターミナルになっている大きな街です。
その割に僕ら向けのお店などは数が限られている現状ですので、いち早く網羅的に取材しちゃいましょ う、ということで、なるべく全部まわってきました。
(漏れがなければいいのですが、、というか、時間があわずにいけなかったとこあるんです、、、今回、掲載させていただいたお店のホームページからリンクなどたどると、見つけられるカモ!)

僕自身のことを話させてもらうと、(東京でずっと生活してたにも関わらず)2年くらい前までは、シブヤは縁の薄い街でした。
渋谷駅に着いて、かろうじてハチ公にはたどり着けるのですが、その先どっちにいくと何があるのかなんてぜんぜんわからなかったし、そもそもハチ公が、山手線の内側なのか外側なのかも不明でした(正しくは外側)。
渋谷駅からNHK(今年のパレードの出発地点だったりしましたよ)までたどりつけずに迷ったこともありました。
自分も含めて、渋谷とか六本木の地理におそろしく疎いゲイは、結構いますよね。

今回取材で回らせていただいたお店の風神さんで、地図をお貸しいただいたのでそれをここでも掲載します。
場所を頭に叩きこんで、あっちこっちまわってみてください。

今回は、個別のお店の紹介という形で進めます。(順不同、なんとなく場所順みたいなイメージです)


まず、1店目は、桜ヶ丘のケイヴィさん。
そもそも渋谷の特集を思い当たったのが、こちらのお店のサイトを見ていてでした。
一回、見てもらえればわかりますが、いろいろと情報を発信されています。
場所的には、南口のバスターミナルのところから歩道橋で国道246をわたって、徒歩3分くらいのところ。
テニスをする人で、eddyとかウインザーにいく人がいるかもしれませんが、そのそばです。
黄色と紫にペイントされた店内は、バーというには明るすぎると いう意見も出そうな空間だけど、逆にお酒をのみにきたとい以外に何かしにきました、的な空間に感じましたよ。
仕事帰りのサラリーマンさんなんかが多いお店になるのかな?


ケイヴィさんは、セルリアンタワーの手前ですが、その向こう側には、ジャングルジムというハッテン場さんができました。まだ日が浅いみたいですが、聞くところによると、「でか○ら」君の登場率が高いとかききます。
若いコも30代もタイプも幅がそこそこ広いとのこと。
(ま、この手のことは文章でうだうだ書くより、一見にしかず、ですので、ご自分でいってみてくださいませ。)(脱 ぎ系の場所だそうです)
*ジャングルジムさんには、500円入場券を提供いただきました。なくなるまで数名に提供します。
(ただし、info@gclick.jpまで、確実にデリバリーできる方法などを連絡いただける場合に限ります。お気軽にメールで申し込んでください。そんなことするより、いっちゃった方がはやいけどね。)


南口バスターミナルから歩道橋をわたってすぐのところにあるのが、LAXさん。
こちらは、渋谷では一番、長くやっていらっしゃるお店です。
その分、僕(=30代)よりも上の年代のお客さんが中心のようですが、僕的には、そうい う経験があまりなかったんで、新鮮な気持ちで会話を楽しんじゃったりしました。
場の空気をえらく乱さない限り歓迎してくれるでしょうし、個人的には、視野を少し広げるいい経験になったと思います。
取材活動の楽しみをあえていわせて もらうと、こういうお店に飛びこめることですね。
取材でなくても、当然OKな ので、皆さんもLAXさんに限らずいってみてくださいね。


道玄坂の途中からすこし入ったところにあるプラムさん。
こちらはちいさなお店ですが、マスター(個人的には、映像を紹介できないのがとても残念です、、、)の人懐っこい笑顔が印象的でした。店員さんのヒデキさんもやさしそうです。
ゆっくりおじゃますることができなかったので、なんともいえないけど、おしゃべり したら、多分、楽しいお店ですね。
いわゆる渋谷の街中(公園通り~センター街~ 道玄坂)あたりにいて、一番近いのはこちらになるのかな?


渋谷を背に井の頭線の神泉駅のあたりまでいくと(それでも、徒歩10分とかですが)、風神さんがあります。
こちらのマスターさんは、僕よりずっと年上なので、実は、ちょっと訪問はびびっていたのですが、お客サンも含めてとてもや さしい方でした。
マスターのトオルさんは、イラストやデザインがご本職とかで、店内には、ご自分の作品も飾られていました。
一見の価値ありですよ。また、こ こでは、雑誌「薔薇族」以前のゲイライフの話なんかも、聞かせていただきました。みんな知らないでしょ?それ以前の雑誌の存在なんて。


さて、さらに駅から離れてしまうのですが、山手通りあたりまで行きますと、TOOTさんのショウルームがあります。メンズのアンダーウエアのメーカーさんです。
TOOTさんのことは、僕は、新宿伊勢丹の売り場でみました。
多分、二丁目に行くついでに見ることができますが、ここでは商品を網羅的に見ることが できます。
もしかしたら、大ブレークしちゃうかもしれませんから、早めにチェックしたほうがいいかもしれませんよ!?


さて、駅の反対側にいきまして、宮益坂の渋谷郵便局の先のあたりを少しはいったところには、ブックスローズ渋谷店さんがあります。
ゲイグッズ満載で、なにより、どこかで見たことのあるな、と思ったら、パレードのときに見 かけたイケメンさんでした。お話できて光栄です。(営業妨害になってたかも、、、ごめんなさい)。


そして、トリは、渋谷ストリートさん。
宮益坂の上からほど近く。赤がメインのカラーになっている店内は、とってもおしゃれ。
20代が中心みたいなので 、、、、僕は、、、、なのですが(涙)、でも、センスのいい店内は、それだけでも、バリューありと見ました。(着衣系だそうです)。
くつろぎスペースと +αのゾーンがそれぞれ広くて、まさにクルーズできちゃう感じですね。


このほかにも、競パンファンのマスターさんが、深夜に他店舗で営業している%8さんや、同じように昼間は飲食店のスペースを夜間模様替えして運営しているゲイ・レズビアンのミックススペースなんかもあるようです。
ちょっと足を伸ばしてみるだけで、世界が、またぐっと広がる感じがありますよ。
これまで、渋谷なんていったことなかった人もよかったらG clickでお店の紹介を見て、おもしろそうなところに行ってみてくださいね。


 

G clickは、これからも日本全国の取材を続けていきます。
取材に協力してくださるお店、取材ボランティアの募集も行っているので、ご連絡をお待ちしています。
G clickの情報は、日々更新されていくのでこまめなチェックを忘れずに!


最後に渋谷取材でお世話になった皆様に心から感謝します。

 
Gclick - ゲイバー イエローページ - Copyright 2001- Gclick , All Rights Reserved.